reviews
詩と出会う

essays
いま

interviews
人と出会う

essays いま

 エッセイ

 詩論

 詩人論

詩論

竹内敏喜  今、詩歌は葛藤する
 1 〜『パリの五月に』、その高揚と孤独と自由〜
 2 〜『世間知ラズ』、要約ではなく詩と呼ぶしかないもの〜
 3 〜『渡世』、詩はすでに語っている〜
 4 〜『梢にて』、詩の根拠に摂理が重なるとき〜
 5 〜『石はどこから人であるか』、詩的環境の完成がもたらすもの〜
 6 〜『ことばのつえ、ことばのつえ』、詩的論理と真偽の関係を問う〜
 7 〜『永遠へと続く午後の直中』、若い詩人の夢と悲しみ〜
 8 〜『アンユナイテッド・ネイションズ』、屹立させるべきそれがあること〜
 9 〜『沖の音』、人類の幸福感と喪失感の調和の姿〜
 10 〜『歌』、言葉を届けたいという意志〜
 11 〜『鮎川信夫全詩集’45〜’67』、間違いをしたくなるとは〜
 12 〜『新年の手紙』、人類の悲惨について考えよ〜
 13 〜『足利』、日本語にふさわしい妥協のかたち〜
 14 〜『ふるさと』、あとは全部負けたらいい〜
 15 〜『蘭・CALENDRIER』、知的に訓練された感性の行方〜
 16 〜『悪の花』、意味を復活させる儀式〜
 17 〜『夏の宴』、持続される魂の次元〜
 18 〜『故郷の水へのメッセージ』、単なる理念ではない成就〜
 19 〜『形式は反動の階級に属している』、中間的なものとして存在すること〜
 20 〜『影法師』、未来について語らないように〜
 21 〜『ジャンヌの涙』、自然の法と無限性について〜
 22 〜『陽を浴びて』、人はかつて何を思いめぐらしたか〜
 23 〜『1981』、その復活こそが主体であろうか〜
 24 〜『土地の名〜人間の名』、大いなる生の空間へ〜
 25 〜『生の泉』、命の尊さが実感されるとき〜
 26 〜『もんしろちょうの道順』、詩は詩人にしか書けない〜
 27 〜『言葉からの触手』、正直さにおいて全世界と対峙する〜
 28 〜『智恵子抄』、無支配という示唆を受けて〜
 29 〜『フォルマ、識閾、その歩行』、全体的な真が存在するなら〜
 30 〜『天野忠詩集』、いじらしい生命へのあきれ顔〜
 31 〜『赤土の家』、金子光晴その1〜
 32 〜『こがね蟲』、金子光晴その2〜
 33 〜『水の流浪』、金子光晴その3〜 new
 34 〜『鱶沈む』、金子光晴その4〜 new